トリマーさんと共同開発しました。



「ナノウェルシャンプー」は、ペット用シャンプーの理想を元に開発しました。

①「皮膚・被毛の汚れを落とし、清潔にし」
②「被毛に光沢を与え」
③「皮膚を保湿し」
④「皮膚や被毛の余分な臭いを取る」
⇒皮膚には、バリア機能が存在しない外界からの刺激やアレルゲンから皮膚を保護しています。皮膚のバリア機能は皮膚の角質あるいは油腺由来の脂成分から構成されています。バリアが破壊されると皮膚が乾燥し、皮膚へのわずかな刺激でも動物に痒みや痛みを感じさせ、必ずしもアレルギー反応でなくても自傷をを起こし湿疹や脱毛の原因になります。

望まれるペット用シャンプーとは?
⇒皮膚のバリア機能に十分配慮したシャンプーをする必要があります。
その解決のために、鉱物系界面活性剤不使用、大豆油脂肪酸を洗浄基剤とし、1本で多機能効果(シャンプー、コンディショニング、消臭、抗菌、保湿)を有し、ペットの皮膚に優しく、負担の少ないシャンプーを開発の狙いです。

トリミングサロンの現状は?
⇒昨今は、来店されるほぼ80%のワンちゃん猫ちゃんは、なんらかの皮膚へのトラブルを抱えています。飼い主さんは、『安心・安全』で使用でき、皮膚トラブルに対して効果・対応力のあるシャンプーを望んでおられます。デリケートな皮膚の子に最適なシャンプーが、無いのが実情です。

そこで、完成したのが、大豆油脂肪酸の特長を生かした、『デリケートな皮膚の子にこそ使って欲しい』シャンプーとして、『ナノウェルシャンプー敏感皮膚用』と名付けました。

ナノウエル商品シリーズと同じ成分、大豆油脂肪酸がシャンプー同様に期待出来ます。

●手あれナシ!(ナノウエルクリーナ)

大豆油脂肪酸の保湿効果で、手荒れはしません。

●皮膚トラブル(ナノウエル清拭美容液)

使用前

使用後
使用前

使用後

クッシングによる、皮膚疾患、特にフケが激しかったが、3週間、毎日スプレーしていると改善が見られた。

●『増毛』(ナノウエル清拭美容液)

使用前

使用後

尻尾の毛が老化とともに少なくなってきた。飼い主はもう高齢だから毛が薄くなってきたと、10日ほどで少し毛が多くなってきた。

●耳洗浄(ナノウエルイヤークリーナー)

使用前

使用後

耳の中のマラセチア由来の独特な臭いや赤黒い湿った耳垢も消えた。

●口内トラブル(ナノウエルオーラルケア)

使用前

使用後

使用1ヶ月痛がらず食欲も出、歯茎もピンク色になりました。
口内トラブルへの効果が認められる。


「ナノウェルシャンプー敏感皮膚用」の5つの特徴。

①シャンプー

「ナノウェルシャンプー」の洗浄の特徴は、大豆油脂肪酸の働きにあります。

大豆油脂肪酸をナノ化することにより汚れや菌を剥離洗浄します。
ナノ化された大豆油脂肪酸粒子の洗浄作用は、あたかもナノのお掃除ロボットのような働きをし、既存の洗浄液では、得られないような多機能な効果を発揮します。

・鉱物系界面活性剤を使用していませんが、植物系増粘剤を使用する事により、泡立ちを改善してます。

②コンデショニング

被毛をコートするためにポリクオンタニウム-10を配合し、ドライングをし易くしました。その結果、コンディショナーの必要がなく、コンディショニングシャンプーとして作りました。

③保湿

主成分の「大豆油脂肪酸」は皮膚トラブルなどを改善する効果があります。
大豆油脂肪酸のナノ粒子が皮膚の凸凹にもしっかり浸透し効果を発揮します。

・動物病院では、皮膚トラブルへの効果が確認されています。

④臭いを抑える

「ナノウェルシャンプー」の消臭メカニズムは、臭いの源を包み込む「マスキング方式」ではなく、「臭いの基を分解する」方式なので消臭効果が高まり、シャンプー後は、消臭が長続きします。

⑤抗菌

主成分の『大豆油脂肪酸』の効果は、公的機関により実証されています。
詳しくはこちら

又、そのシリーズ製品は、動物病院で8年の実績があり、皮膚の洗浄など、治療と併用して常時使用されており、多くの動物病院で「安全・安心」な洗浄液として認知されております。


成分表

●主な成分の特徴
①大豆油脂肪酸 : ナノウエル商品の基幹素材(多機能洗浄液)、安全性、毒性試験、各種効果効能試験実施済み。

*『天然植物原料由来洗浄液のイヌパルボウイルスに対する不活化効果試験』の結果①はこちら
*『天然植物原料由来洗浄液のノロウイルスに対する効果について』の試験結果②はこちら
*『天然植物原料由来洗浄液のインフルエンザウイルスに対する効果について』の試験結果③はこちら
  大阪府立大学大学院生命環境科学研究所獣医学専攻獣医感染症学教室データ
*『消臭・脱臭性能試験(酢酸ガス濃度/アンモニアガス濃度)』の結果④はこちら
  地方独立行政法人大阪府立産業技術総合研究所データ
※「大豆油脂肪酸の安全性に関する研究」の研究結果⑤はこちら
  大阪府立大学大学院生命環境科学研究科獣医学専攻実験動物学教室データ
*大豆アレルギーの原因物質は、タンパクに含まれ、油脂生成段階で除去されるため問題ありません。
*主成分の「大豆油脂肪酸の仕組みと働き」は、こちら


②コカミドDEA(ヤシ油脂肪酸由来): 増粘、増泡剤、泡安定剤、感触向上剤として身体洗浄剤、シャンプー、家庭用洗剤等に広く使用 されています。

③ヤシ脂肪酸アルギニン: アミノ酸の一種であるL-アルギニンとヤシ油脂肪酸からなる植物性アミノ酸系石鹸です。従来の石鹸と併用し た場合、L-アルギニンの刺激緩和効果により、皮膚に対する刺激性を改善します。油残存下でも豊かな泡立ちで、濯ぎが早く、さっぱ りとした感触が得られます。
特長: ●植物性アミノ酸系石鹸です。●豊かな泡立ちです。●すすぎが速く、洗った後つっぱりません。 ●安全性が高く、従来の石鹸と併用した場合、刺激緩和効果があります。

④ポリクオンタニウム-10:植物由来の半合成分子です。基本構造は植物繊維であるセルロースで、かみに馴染みやすくするためにカチオン化させた させたカチオンポリマーで、水溶性です。コンディションニング作用、保湿、静電気防止をもちます。透明でべとつきのないフィルムを作り、被毛、皮膚 に吸着してコンデション効果を出します。すすぎ時に髪がきしんだり絡まったりするのを防ぐなど、主にすすぎ時の使用感を改善します。

使用感想

(1)使用者感想(トリマー)
 ①消臭力
  ・洗った後、体臭がしなくなった。(消臭力)
 ②洗浄力
  ・濯いだ後、被毛を逆立てて皮膚の状態を見る。
  ・皮膚を触ると手が止まる。
  ・耳裏、指間の汚れも綺麗に取れている。
  ・洗浄力があり、「洗えている感」がある、『キュキュッ』という感じ。
 ③保湿、潤い
  ・肌の弱い子も問題なく使用できた。
  ・人間の手も荒れない。
 ④その他
  ・濯ぎが早く、動物の負担も減る。
  ・ドライニングの時間が半分ぐらいで済む。
  ・毛並みが長持ちする。

(2)使用者感想(ドッグトレーナー)
 ①洗浄力
  ・軽くもみ洗いで汚れが落ちた。
  ・肉球にこびりついた泥汚れも落ちて、タオルが汚れませんでした。
  ・白い毛が真っ白になりました。 
 ②その他
  ・濯ぎが早い。
  ・タオルドライで水分が取れました。

(3)使用者感想(元トリマー)
 ①消臭力
  ・わんこと向かい合っただけで、口周りがかなり臭かったんですが、
   シャンプーを してから口周りに鼻を近ずけても全く臭わなかった。
   消臭力が、抜群です。
 ②洗浄力
  ・汚れは、特に皮脂汚れが取れました。
   洗った後、「キュッキュッ」と音がします。
   皮脂汚れが取れている証拠です。
  ・とろみがあって、洗いやすかった。洗浄力は抜群です。
 ③保湿、潤い
  ・手はしっとりと、特に冬はそうなんですが、
   手指のツッパった感じがないです。
   わんこにもその効果はあると思います。
 ④その他
  ・汚れが取れ、キュッキュッとするので、
   反対にもつれは取りにくいかもしれません。

使用前

使用後

⑷使用者感想(動物病院のトリマー)
  ①洗浄力
  ・いつも2度洗いする所(耳、指間の汚れ、顔)を1回でも
   汚れが取れました。
 ②消臭力
  ・特に涙汚れの臭いは何回洗っても残りやすいが、
   1回で臭いが取れた。とにかく臭いが良く取れます。
 ③保湿、潤い
  ・シーズー、コッカーなど皮膚疾患があるが、油は取りたい時、
   洗浄力はあるが、洗っているトリマーの手がヒリヒリするぐらい
   キツイシャンプーを使うことに心配があったが、
   ナノウエルシャンプーは安心して使えました。
 ④その他
  ・ドライヤー、シャンプーの時間の短縮。
  ・ドライ後、フワフワになり、カットしやすい。(特にプードル)

使用前

使用後
使用前

使用後

*トリマーさんの使用感想
 皮脂でまとまったゴワゴワした毛並みが、
 シャンプー後には1本ずつサラサラとした毛並みで、
 手触りもさらさらフワフワでした。
 シャンプー1回洗うだけで被毛の汚れが落ち、
 キュッキュッがたくさん感じられました。
 洗った感抜群の洗い心地でした。
 泡立ちはボウルにシャンプーを入れ、ほんの少しの シャワーを入れて
 洗顔用ネットで泡立てるとすごく泡立って泡を乗せて洗うことができました。  すぐ泡がシュワシュワ〜〜と浸透し無くなりました。

※泡立てネットを使用

使用前

使用後

*トリマーさんの使用感想
 コンディショナーを使わずシャンプーのみだったので、
 パサつくかと思いましたが、乾かすとフワフワに。
 これ 1本でいいので、私も愛犬も負担が少なくすみました。
 体臭も今までより感じにくくなりました。

使用前

使用後

*トリマーさんの使用感想
 使用感は被毛が立ちすぎず、エアリー 感はでると思いました。  
 ノットなどで縛っている子でも使えます。
 ドライヤーで乾かしたときもしかり被毛が伸びてくれました。
 汚れ落ちはすごく良いです。
 この仕上がりで薬用並みに使えるならすごく使いやすいと思いました。

製品リーフレット

『ナノウエルシャンプー』の開発への思い<開発には約4年かかりました>

*トリミングサロンにて最後の1年継続サンプリングを依頼し、改良を重ね完成いたしました。
*他のナノウエル商品は、物販で取り扱っており、十分効果は認識していました。

①トリミングサロンの現状の問題点
来店されるワンちゃんの概ね80%は、皮膚に問題ある子と聞きました。
飼い主さんは、『安全・安心』で、皮膚トラブルに対して効果、対応力のあるシャンプーを望んでおられます。
漢方のシャンプーを使用されていますが、飼い主さんに納得いただけるものでは無く、もっと納得できるシャンプーがあれば是非、採用したいとお聞きし、開発中の大豆油脂肪酸成分のシャンプーなら十分対応であると確信し、トリミングサロンでも十分使用できるシャンプーの開発をしました。

②目指したシャンプー
鉱物系合成界面活性剤未使用のため、泡立ちが少ない、大豆油脂肪酸が被毛にコートするために被毛の長い子の場合は、被毛が縮れてしまいドライイング、仕上げが難しいとの問題がありましたが、コート成分を配合することにより、問題を解決しました。

③改良に改良を加え(サンプル14回上げ直し)、泡立ちの改善、仕上がりの良さを実現、OKもらいました。

④「シャンプー」「コンディショニング」「抗菌」「消臭」「保湿」の5in1シャンプーが出来ました。

1年のサンプリングでの使用感想

①漢方シャンプーは、1回の使用で1回の症状が治まるのですが、また、症状が出てきます。
他の薬用シャンプーも同様ですが、ナノウエルシャンプーは、3〜4回の継続使用で、症状が治ってきていることに大変驚きました。
飼い主さんも大変気に入って頂き、継続使用を望まれて、リピーターが増えてきました。

②被毛が薄く、トリミングの時間が1時間半ぐらいの子が、継続使用していると被毛が増えてきて、2時間ぐらいのトリミング時間がかかるように成りました。(被毛が増えてきている) 飼い主さんも驚いておられます。

③仕上がりもよく、カットがし易いです。

④トリミング後の仕上りが長持ちすると飼い主さんから良く聞きます。

⑤消臭力が抜群です。

⑥トリマーの手荒れは全くしないので、肌の弱いトリマーも安心して使えます。

⑦オプションの肛門嚢絞りには、ナノウエルクリーナ、清拭美容液を使用しています。臭いもすぐ消えます。
耳掃除では、イヤークリーナを使っています。従来使用のものより汚れが良く浮き上がってきて取れます。
消臭力もあります。

トリマーさんとの質疑応答

<質問>
・膿皮症のワンちゃんにも使えるのか?(現状は、漢方系のものを使用しています)
⇨ 動物病院の使用実績からは、膿皮症の 改善実績は、あります 。
ただ、エビデンス(試験結果)はありません。

・猫のフケや油に対応できるか?
⇨ 動物病院では、弊社商品は、皮膚疾患、創傷の治療、膀胱洗浄等に使用されています。
又、アレルギー、真菌への効果も確認されていますので、使用については可能と思われます。
⇨犬の洗浄には十分ですが、猫には下洗い用シャンプーとナノウエル の併用をおすすめします。
*フケへの効果は確認されています。

・今後、弊社のトリミングに置いていく場合、どういう子に対して使うのか?
このシャンプーを使う最大のメリット(ポイント)は何か?
⇨デリケートな皮膚の子にこそ使って欲しいシャンプーです。
⇨ 『 安心・安全 』 皮膚疾患の子に薬用シャンプーと同様の効果が確認されています。
⇨ 継続使用することにより、皮膚疾患の完治に繋がる効果が確認されています。
⇨ 毎日使用しても問題ありません。
⇨トリマーさんの最大の悩みの「手荒れ」はしません。
⇨トリミングの時短=回転率 UP =売り上げ UP のサイクルの実現。

・原材料(成分)からひも付けて説明が欲しい。
⇨ページ 4 大豆油 脂肪酸のメカニズム参照
*「界面活性作用のあるナノ化した大豆油脂肪酸
」の 洗浄 液が主原料です 。
⇨ページ 6 の 成分の説明をご確認ください 。
*大豆油脂肪酸の皮膚疾患改善効果が、最大の特長になります。
*大豆油脂肪酸
+ヤシ油脂肪酸アルギニンの W パワーが、優れた洗浄力の評価です。
*ポリクオンタニウム
10 は、コンディショニング成分で、仕上がりの良さの効果になります。